読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続く⑥

「ごめん...そうでもない」人に対してこの台詞が喉元まで出かかる状況が今のところ人生で1番苦痛を感じる瞬間だ、

相手の熱量が高ければ高いほど事は拗れてしまう、

温度差、

これなかなかに厄介なり、

誰に何が刺さるかわからないから自分が1番いいと思う事をアピールするんだよね?

自信を持つことを否定したいんじゃないの、

ただ、相手がどういう人か少しでいいから考えるか、または相手に何が刺さるか少しはリサーチして欲しいんだよ、

少しでいいよ、俺を解ってほしいなんて言わないよ、

ほんの少しの思いやりぐらいで俺は結構簡単に動く、

本当に動く、マジでチョロい、

チョロくしてんだ、

経験に裏打ちされていない俺俺精神はテメェの満足ばかりで相手の事は考えないからマジで迷惑、

それがたまたま当たった日には天狗になって迷惑に拍車がかかる、

パチプロになれないギャンブラーと精神構造が一緒、

信念の情報なんて必要ないから、どういうのを求めてますか?って一言聞いてほしい...お願い、

つづく、