読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続く②

改めて考える、

言葉というものの意味、

改めて見つける、

言葉そのものの力に対して、なんぼのもんよ...疑う自分、

僕が欲しいのは行動、

行動が無いなら僕は諦める、

知ってるかい?

言葉は行動を説明する為の手段なんだよ、

知ってるかい?

人間は昔言葉を持っていなかったんだよ、

熱量は文字数で伝えられるけど、

その文字数使える時間があるなら動いて欲しい、

頭だけで考え五感を使って行動していない事がわかる結果が悲しい、

裏切られるとかじゃない、

相手のせいじゃない、

こんな事は一度や二度じゃない、

でも僕は勘違いしていないって信じたいじゃない?

誰かにかけた信頼が潰れしまうのは見たくないじゃない?

わかってますよ、

勘違いしていた自分のせいですよ、

それがジワジワわかってくる悲しさは凄いよ、

いくら文字数だけ使って説明されても、僕は、僕は、と己の解説だけされても僕が欲しがるのは行動だけ、脳みそは行動の結果として動きをプログラミングして記憶する、

記憶された行動は当人が意識するしないに関わらず身体に表れる、

頭を使って考えるのは五感、人によっては第六感まで使って動きまくってからじゃなきゃ同じところをグルグルグルグル何週もした挙句しまいにゃ進化を諦めてはい終了、

人間は動物なんだよ、

だったら他の動物とビルドアップの方法はなんら変わらない、

自分の信条がハッキリした途端手に入れた激しい敗北感、

もう絶対忘れない、

僕は身体で体現する人と一緒に居たい、

身体で表現できる人となら結果心中でも構わない、

多分そこに敗北感はないから、

口ほどにもないという言葉を言う側の気持ちがあなたにわかりますか?